破折歯接着治療を中心とする歯科のスタディグループ 「PDM21」 へ

会員ログイン

破折歯の治療

基本術式

歯根破折の治療は、以下の4つです。

  • 01 口腔内接着法(場a合によりインプラント、歯肉切除を行う)
  • 02 口腔内接着法を行い、後日フラップ手術
  • 03 口腔内接着法を行い、意図的再植
  • 04 口腔外接着法(多くは再生療法を併用)

1. 口腔内接着法

すべての基本からなる処置です。
根管内からマイクロスコープ下で破折様相を把握し、超音波切削機を用いて破折部を追求し、極力汚染源を除去します。その後、4- META/ MMA- TBBレジン(以下スーパーボンド)を用いて破折間隙の封鎖及び接着固定します。

場合によっては、デブライドメント、歯肉切除を行い、歯根表面の環境改善をうながしますが、基本的には口腔内接着法のみで対応できる症例をいいます。破折の状況で、後術するように2つのタイプに分けて治療しています。

2. 口腔内接着法を行い、後日フラップ手術

破折が歯根表面まで達し、かつ骨縁下に破折が及んでいる場合には、歯根表面からのアプローチが必要となります。フラップを開いて、歯根表面の破折部の汚染除去を超音波機器を用いて行い、破折部にスーパーボンドを填入します。

3. 口腔内接着後、意図的再植

フラップ手術ができない部位に破折部があり、歯根面からの汚染除去が必要な場合には、口腔内接着後、歯根膜を傷つけないように注意深く抜歯し、乾燥に注意しつつ口腔外で歯根表面より汚染除去を行い、スーパーボンドで堀削溝を封鎖後に再植します。

4. 口腔外接着法

破折歯片が完全分離しているような場合、その間隙には住々にして炎症性の肉芽組織が入り込んでいるため、口腔内での接着は難しい、いったん抜歯して直視下で根管面ならびに破折面ならびに破折面および根面汚染部の清掃を行い、破折歯片を接着修復し、根管充填を行い、抜歯窩へ戻します。

根尖部には多くの肉芽組織があり、その除去にも時間がかかるため、その間、対象歯を乾燥させないような配慮も必要です。

また、破折歯片が分離している場合、歯槽骨の破壊も大きいことがしばしばで、再生療法を併用することが多いです。当院では骨補填材(セラソルプ)とメンブレンを用いています。

マイクロスコープによる診査

治療術式の難易度は歯根破折部位における歯槽骨破壊と破壊量によって定まります。

また、歯槽骨の破壊形態は、前歯・小臼歯・大臼歯の歯種、および破折形態、破折後の放置期間などで異なります。

そこで、診断や術式選択を用意にするため、この破折形態をt ype M- Ⅰ , t ype M- Ⅱ , t ypeM- Ⅲ, t ype M-Ⅳ, t ype M- Ⅴ に分けることにします。

歯根破折を主訴に来院する受診者はt ype M- Ⅰ , M- Ⅲ~M- Ⅴ が多いが、リスク管理をすることで、自院のメインテナンス受療者ではt ype M- Ⅱ が多くなり、早期対応が可能となり良好な経過を得られることができます。

分類術式症例
Type M- Ⅰ口腔内接着法歯根破折が歯槽窩の内側
に限局している症例
Type M- Ⅱ口腔内接着法骨壁の厚みのある部位の
3壁性骨欠損の症例
Type M- Ⅲ口腔内接着法

フラップ手術
骨壁が薄い唇(頬)側部に限局した
歯槽骨破壊の症例
Type M- Ⅳ口腔内接着法

再植法
両側性破折で歯槽骨破壊が隣接部や
舌側に広がった症例
Type M- Ⅴ口腔外接着法破折歯片が大きく分離した状態で、
破折が骨縁下深くまで
及んでいる症例

詳しくはこちらの書籍をご覧ください

i-TFC根築1回法による歯根破折歯の診断と治療 眞坂信夫 編著/福島俊士・下野正基・眞坂こづえ 著

定価 12, 960円(本体 12, 000円+税8%)
総頁数:176頁 / カラー
判型:A4判
発行年月:2016年9月

抜歯に至る原因として、垂直歯根破折の占める割合が高くなってきている。歯根破折は自動的に抜歯と診断される
とが多いが、適切な診断と治療技術があれば、保存が可能な場面も少なくない。治療術式の難易度から歯根破折症例を5つに分類し(t y p eM-I~M-V)、それぞれ長期経過を豊富に掲載。根管充填と支台築造を同時に行う「i-TFC根築1 回法」についても、その手技を余すことなく紹介している。

医歯薬出版株式会社