破折歯接着治療を中心とする歯科のスタディグループ 「PDM21」 へ

会員ログイン

歯根破折について

不適切なメタルポストが歯根破折の主原因 ⇒ 新しい方法へ

曰本におけるクラウンやブリッジの修復状況に関して、生活歯と失活歯の利用頻度を見ると、失活歯の割合がきわめて高いという現状があります。

失活歯の利用頻度(丹下1983より)

 クラウン(%)ブリッジ(%)備考
1993 昭和大88.875.4 
1994 松歯大73.450.2 
1996 鶴見大94.743.4学生臨床実習
1998 昭和大87.167.8 
2001 昭和大82.173.9 
2006 鶴見大87.2学生臨床実習

さらに、この失活歯の利用頻度を他の先進国と比較してみると、日本は格段に多いのです。
これは何を意味しているのでしょうか?

各国での失活歯の利用頻度(福島2009より)

 国名頻度(%)備考
1979Kerschbaum Thドイツ12.9Cr.Br
1983丹下幸信日本61.8Cr.Br
1986karlsson Sスゥエーデン31.1Br
1995Leempoel PJBオランダ16.2Br
2002Walton TRオーストラリア28.2Br

日本の歯科保健制度における低医療費政策に起因するものとも考えられますが、そうだとしても歯髄保存への取り組みが十分ではない、安直に抜髄処置が行われているのではないか、と危惧するところです。

周知のように、歯髄を失ってしまった歯は根尖病変や歯根破折の問題を抱えるようになります。人生が80年、90年時代となった現在、全身の健康状態に大きく寄与する口腔機能を考える時、あらためて歯髄保存に真摯に取り組む必要を感じます。

原因はともかく、臨床現場においては、失活歯の再治療が多く、加えて歯根破折症例が増加の一途を辿っている、そして、再根管治療でのメタルポストやガッタパーチャポイントの除去および再根管形成は時間もかかり、高度なテクニックが必要とされるため、これが日常臨床の悩みとなっています。そして、それより大きな悩みが、歯根破折であります。

歯根破折は、一般的に「即抜歯」と診断されるため、この問題に対する対応が急がれますが、その第一の原因として、不適切なメタルポストがあげられます。

歯根破折予備軍と考えられる、明らかに不適切なメタルポスト(西村2009より)

  • a 1のポスト長は歯根長の1/ 4と短く、加えてポスト先端隅各部が遠心に変異しているため、応力集中が起こりやすい。

    また、フェルールが確保されていないことも問題

  • b 2のポスト長が歯根長の1/ 3と短いことに加え、ポスト先端部が近心に変異している

  • c 5のポスト長は歯根長の1/ 4と短いことに加え、ポスト先端部隅角が太く鋭角で、鋭角部が近心に変位している。一方、フェルールはあるように見える。6の分割遠心根もポストが短く、5. 6aとも咬合圧負担の大きいことが不安要素である

まれに、有髄歯が真っ二つに割れるということもありますが、これまで眞坂歯科医院における記録についてもこの種の症例はわずかであり、そのほとんどがメタルポストに起因しています。

歯根破折の主な原因となっているメタルポストですが、過去を振り返ると、歯内療法の進歩により歯の保存が多く図れるようになり、その後の補綴の必要から広く施術されるようになった経緯があります。

メタルポストは1975年頃から使われ始め、保険導入された1985年以降は、いわば臨床上のスタンダードな方法となり、それまでは抜歯されていた歯も保存可能となり、昨日歯を増やすことで大きな貢献をしてきました。

一方、経済的要因ゆえか、要件を満たしていない不適切なメタルポストも残念ながら少なくないのです。それでも、欠損歯数が少なく咬合のバランスがとれているうちは昨日することができますが、時間の経過とともに不適切なメタルポストによる歯根破折はどうしても起こってしまいます。

メタルポストの装着歯が増え、その経過が長くなるにつれ、破折症例も増加してしまうのです。

私たちは、1982年の朝日新聞の取材に対して、これから歯根破折が増加すると述べたのですが、現在まさに予想通りの減少が起きています。

「これから破折歯がどんどん増える」と東京都世田谷区で開業する眞坂信夫歯科医師は不気味な予言をする
(朝日新聞1998年1月25日/日曜版より)

メタルポストによる歯の破折の主な原因は、第2章で述べるように、象牙室とメタルにおける弾性係数の差異と、この弾性係数の大きいメタルで装着されたポストが引き起こす楔効果によることが確認されています。

支台築造材料の機械的性質(西村2009より)

支台築造材料圧縮強さ(MPa)引張強さ(MPa)弾性係数(Gpa)
金銀場ラジウム合金 48080~95
銀合金 320~350Cr.Br
チタン合金 860以上64.3
充填用コンポジットレジン255~260 13.7
支台築造用コンポジットレジン251~35641~5611.1~15.5
ハイブリッド型コンポジットレジン250~320  
グラスアイオノマーセント140~175 20
歯の硬組織   
エナメル質200~44226~7047~84
象牙質232~3114212~19

ただし、適切に装着されたメタルポストの場合の経過は決して悪くありません。それでも10年以内の経過例では、歯根破折を生じるものも出てきます。自信をもって施術した当院の受療者にも歯根破折が生じてきます。

メタルポストの形態要件
(深川2009より)

  • 角を作らない
  • ベベルを付ける
  • ファルール効果を
    発揮させる
  • ベベルを付けない
  • 歯軸と直角の面にする
  • 根管充填材を
    4mm以上残す
  • 歯根長2/3の
    長さにする
  • 1mm以上の暑さにする

今後の治療はどうあるべきなのだろうか?現在は、弾性係数を象牙質に近似させた材料が開発され、使用方法も確立されてきているので、臨床のスタンダードとして歯根破折を引き起こしにくいグラスファイバーポストに切り替えることが求められています。眞坂歯科医院では、2007年に全面的にグラスファイバーポストに切り替えました。

過去においてはメタルポストに変わる材料がなかったので仕方がなかったとも言えますが、今後もメタルポストを使用し続け、歯根破折という結果になったときには、受療者からの責任を問われることにもなりかねないため、1日も早く転換していただきたいと願うところです。

i-TFC根管1回法による支台構造

歯根破折の予防を考慮したシステムである
「i-TFC根管1回法」
  • ステンレスワイヤー
  • スーパーボンド
  • コアレジン(プラスチック)
  • i-TFCスリーブ
  • i-TFCボンド

詳しくはこちらの書籍をご覧ください

i-TFC根築1回法による歯根破折歯の診断と治療 眞坂信夫 編著/福島俊士・下野正基・眞坂こづえ 著

定価 12, 960円(本体 12, 000円+税8%)
総頁数:176頁 / カラー
判型:A4判
発行年月:2016年9月

抜歯に至る原因として、垂直歯根破折の占める割合が高くなってきている。歯根破折は自動的に抜歯と診断される
とが多いが、適切な診断と治療技術があれば、保存が可能な場面も少なくない。治療術式の難易度から歯根破折症例を5つに分類し(t y p eM-I~M-V)、それぞれ長期経過を豊富に掲載。根管充填と支台築造を同時に行う「i-TFC根築1 回法」についても、その手技を余すことなく紹介している。

医歯薬出版株式会社