破折歯接着治療を中心とする歯科のスタディグループ 「PDM21」 へ

会員ログイン

入会のご案内

各エリアPDM

各エリアPDMスタディグループの立ち上げ 各エリアPDMスタディグループでの参加メンバー募集

  • 破折歯接着修復技術を臨床に取り入れたい方
  • 経営コンサルタントに言われるがままではなく自ら構築する歯科医院経営に興味がある方
  • 21世紀の新しい歯科医療システムを共に築いていきたい方

マイクロスコープによる診査

フォームから問い合わせる

詳しくはこちらの書籍をご覧ください

i-TFC根築1回法による歯根破折歯の診断と治療 眞坂信夫 編著/福島俊士・下野正基・眞坂こづえ 著

定価 12, 960円(本体 12, 000円+税8%)
総頁数:176頁 / カラー
判型:A4判
発行年月:2016年9月

抜歯に至る原因として、垂直歯根破折の占める割合が高くなってきている。歯根破折は自動的に抜歯と診断される
とが多いが、適切な診断と治療技術があれば、保存が可能な場面も少なくない。治療術式の難易度から歯根破折症例を5つに分類し(t y p eM-I~M-V)、それぞれ長期経過を豊富に掲載。根管充填と支台築造を同時に行う「i-TFC根築1 回法」についても、その手技を余すことなく紹介している。

医歯薬出版株式会社